ブログ

フードバンクへの食品・お金の寄付について

今回のブログでは、フードバンクうつのみやへの【食品寄付・お金の寄付】についてまとめてお伝えします。
わたしたちの活動は、地域のみなさまのあたたかい思いと行動によって成り立っています。
「食べ物を寄付したいけど、初めてで…」
「フードバンクを応援したいけどどうしたら?」
そんな方はぜひご一読いただき、ともにフードバンクを創りましょう!

食品のご寄付の流れ

ご寄付の方法は大きく4つ。
①事務所にお持ちいただく(〒320-0027 栃木県宇都宮市塙田2-5-1 共生ビル3階・日月祝休み)
②きずなボックスへいれていただく
③民間の業者を使って事務所にお送りいただく
④Amazonほしいものリスト( https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/3MBEH317LEJJ8?ref_=wl_share )からご購入いただく
不明な点があればお電話をください。(028-348-3412)

寄付していただきたい食品

現時点では常温保存ができるもののみご寄付を受け付けています。電気やガスの有無、調理能力の有無に関わらず、すぐに食べられるものは、多くの利用者に喜ばれています。子ども支援団体にはお菓子をお渡しすることが多いです。

あなたの身近に「きずなボックス」

「食品寄付をしたいけど、毎回事務所に持っていくのは大変」という方は、お近くのきずなボックス設置場所を探してみてください。
設置場所も募集中です。集まった食品はボランティアによる定期的な回収を行っています。(回収をしてくれる運転ボランティアも募集中)

誰でもできる、食品寄付

食品の寄付をくださった方の声をご紹介します。あなたの小さな気付きが、誰かの生活を応援します。

次のステップをともに考える

フードバンクうつのみやは、全国的にもめずらしく「相談支援」も行なっています。食べ物をお渡しするだけでなく、来所した人の次のステップをともに考えます。

お金・時間の寄付

わたしたちの活動資金は、地域の皆様からの寄付でまかなわれています。
継続的に応援してくださる方は、会員への入会をお願いします(会費は年払い)。年に6回お送りする会報誌は、フードバンクうつのみやの活動報告やボランティアのコラムなど盛りだくさんの内容です。
ボランティアも10~80代まで、得意を生かして活躍中です。興味がある方は、一度事務所に来てみてください。

少しでも、フードバンクうつのみやのことを知っていただけたら幸いです。以下のPDFファイルはご自由に活用してください。フードバンクについて身近な人と話し合ってみてくださいね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP